2018年11月08日

Crye Precision AVS STANDARD PLATE POUCH SET

皆様こんにちは


今回はCRYEのAVS STANDARD PLATE POUCH SET を購入したのでレビューしてみたいと思います。








2013年頃には市場で出回り始めたCrye Precision のAVS

・AVS = Adaptive Vest System



日本で「最新」との言葉を聞いたりしますが、もう5年前のアーマーになるんですね~

AVSは既に色々な方が詳しくレビューされているので、私は二番煎じの簡単なレビューにしますのでご容赦をw















タイトル通り私が今回購入したのはAVSの「STANDARD PLATE POUCH SET」になります。



セット内容は「プレートポーチ前後の2枚」と「肩パッド×2」です。












AVSのプレートポーチは「STANDARD」の他に「MBAV」形状の下部分が少し広がったタイプがあります。

・MBAV = Modular Body Armor Vest












MBAVとの名前通り2009年頃にアフガニスタンでテストを開始して(延期したけど)

2011年には「ARMY」 「MARSOC」「NAVY SEAL」「AFSOC」「AF」などの特殊部隊に愛用されたEagle製のMBAVを指します。



画像は手放してしまった懐かしの私物ですw












EagleのMBAVソフトアーマーがそのまま使えるらしく、AVS MBAVは「75th Ranger」「AFSOC」「MARSOC」「CCT」「ODA」「CIF」 「PJ」 など使用例が御座いますね
















私が選んだのはAVS「STANDARD」の形状でサイズは「Lサイズ」になります。



アメリカサイズで LG = LARGE

AVSは他にも下記のサイズが選べます。

・XL = EXTRA LARGE

・MD = MEDIUM

・SM = SMALL あぶないプレイではないです

ただXLは国内では需要が無いのか販売してるの見ないですね














Lサイズの特徴は背面のプレートに特徴があり

Mサイズのウェビングが6スロットなのに対し





Lサイズは全面をフルに使った7スロットになっています。












巷ではCRYEのウェビングの色合いにマイナーチェンジ?があったとの情報が流れていましたが

私のAVSは昔に購入したCRYE のJPCと並べてみましたが特に変わった様子は無し



恐らくAVSのLサイズは日本国内では中々売れず在庫してたみたいなんで、ロットが変わる前の物なのかなぁ?と思ってます。

もともとマルチカムのモールテープは以前に、モールテープにマルチカムプリントから

織り込みでマルチカム模様を出す方法に変わった筈でしたね

さらに変更になったって事なんでしょうかね?












因みに7スロットだと実物の証であるCRYEのタグが隠れてしまって悲しいですw



まぁLサイズのレプリカがまだ出てないみたいですし、7スロットってのも希少価値でしょうか?w












メーカー不明のダミーSAPI MEDIUM サイズ

・SAPI=(Small Arms Protective Insert)



やはり LARGEサイズのAVSなのでピッタリでは無く少し余裕が出来てしまいます。














MAGPUL PTS 製の軽量SAPIはLARGEサイズなんでピッタリ!

・PTS=(Professional Training & Simulation)














ToySoldier製の Low Vis スイマーズカット プレート Medium使用例



MediumのSAPIと同じく余裕が出来てしまいます

仕方なくAVSにはMediumのスイマーカット を入れましたが・・・

どこかスイマーカットのLARGEサイズ(重くないやつ)出して下さい!(血涙)
















ドラッグハンドルにはベルクロが付いており、使用しない間はベルクロでつけておけます(使用しない方が良いんですけどね・・・)













AVSのアドミンポケットと何故この位置にタグをつけたのか分からない胸元の邪魔なタグ












AVSのアドミンにメモやペンをそのまま入れると、まぁ落ちる事落ちる事w

ですので私はMIL-SPEC MONKEYのノートブックケースを使用して





左右のペンのクリップを使用して保持するようにしています。
















他には裏のベルクロを剥がしまして~





※ベルクロにファステックス バックルのオスが付いていますが後に紹介する予定の「Harness」を使用する際に使います。(この記事での使用方法ではまだ使いません)









もう一方と繋いで




付属のショルダーパッドを着けると











このようになり「STANDARD PLATE」+「AVS BAND SKELETAL CUMMERBUND」を使用する事で「Harness」を使用する事なくJPCに近い感じでの運用が可能になります。





AVS Harnessについてはまた後日~














LARGEのサイズ感についてはバイタルゾーンが自分の理想通りに隠れたのでかなり満足しています。

意外とLサイズでも腹が見えるのでMサイズだとJPC着た時の様にかなり腹が見える状態になったかもですね



後の記事でサイズについて再び触れますが「STANDARD PLATE POUCH」の記事ではバイタルゾーンの確認のみで














AVSと言えば結構前になりますが、テキサス州のAT&Tスタジアムでスーパーボウルのダラスカウボーイズ戦にて

デモンストレーションしたSEALs TEAM3の隊員がAVSだったのを思いだし写真を掘り返して

使用しているのがSTANDARD PLATE のAVS と改めて知る (購入してから調べるスタイルw)










この隊員はAVSかと思ったけど、胸部分と同じようなベルクロが背中に無いのでNCPCでしょうかね?



CPCも背中にベルクロがある筈ですし?

EAGLE SOFBAV Aeroでもなさそう・・・

もしかしてSEMAPOがSEAL隊員の要請で販売したって言ってたNCPC?w











と言いますか前の記事でエアフレイムヘルメットがAVSよりかCPCの方が~とか言ってたのに・・・

SEALsのデモンストレーションだけどAVS+エアフレイムで使用していますねぇ~AVSでエアフレイム使いたいな~・・・



他にもDEVGRU AVS?云々や「例のカラーvar」の情報に加え、タイムリーに出てきたミリフォトなど確証を得られないAVS情報も多いですし・・・謎がいっぱいですw

使用例がはっきりと言えないので今後の情報進展に期待を込めまして









今日はここまで






・次回「Crye Precision AVS PADDED SHOULDER COVERS」へ
















同じカテゴリー(■装備紹介)の記事画像
old school のロマン ②
HEART ROCK 7th 2016 ( Chapter 8 )
HEART ROCK 7th 2016 ( Chapter 7 )
TC/MICH-2001のロマン
6094Aとカンガルー
MICH/ACH ヘルメットのカスタム(後編)
同じカテゴリー(■装備紹介)の記事
 old school のロマン ② (2017-03-10 16:51)
 HEART ROCK 7th 2016 ( Chapter 8 ) (2017-01-03 00:05)
 HEART ROCK 7th 2016 ( Chapter 7 ) (2016-12-30 00:05)
 TC/MICH-2001のロマン (2015-08-02 19:35)
 6094Aとカンガルー (2015-03-22 14:01)
 MICH/ACH ヘルメットのカスタム(後編) (2014-10-28 00:00)